第17回日本トラウマティック・ストレス学会(The 17th Japanese Society for Traumatic Stress Studies)

大会テーマ:支援の裾野を広げよう

演題登録・採択通知

採択通知

この度はシンポジウム企画・ポスター演題にご応募いただき、誠にありがとうございました。プログラム委員による厳正なる審査の結果、査読結果を以下の通り、ご案内申し上げます。何卒ご確認のほど、お願い申し上げます。
なお条件付き採択のシンポジウム企画・ポスター演題、口頭発表事例セッション(新設企画)に関しましては、個別にご案内いたします。プログラム委員からの採択の条件を十分にご勘案の上、ご対応いただきますよう、お願い申し上げます。
ご不明な点等ございましたら大会運営事務局までご連絡ください。

シンポジウム企画 査読結果

  • ※シンポジウムセッションは2018年6月10(日)に開催いたします。
  • ※シンポジウムは90分の1セッションを、3~4題の口演と20分前後の討論で構成してください。
  • ※発表機材、発表データの作成ならびに提出方法等の詳細は別途ご案内いたします。なお発表データについては事前提出の必要はありません(発表当日にご持参ください)。
  • ※シンポジウムでの演者(指定討論者含む)の発表時間や発表順につきましては、事前にシンポジウム企画者(オーガナイザー)より、演者の皆様へご連絡の上、進行に関する調整ならびにお打合せをお願いいたします。

ポスター演題 査読結果

① ポスター演題

  • ※ポスターセッションは2018年6月9日(土)に開催いたします。
  • ※ポスター掲示方法や条件等の詳細は別途ご案内いたします。
  • ※ポスターはセッション時間帯にポスター前に立ち、質問・討論に備えていただきます。なお、個別の発表時間は特に設けておりません。

② 口頭発表事例セッション(新設企画)

  • ※企画趣旨:日本トラウマティック・ストレス学会の第2日目は、複数のシンポジウムを並行して行う形式が多くとられてきました。近年の大会では一部そのほかの特別企画もありましたが、これまでのところ一般演題としての口頭発表の場は設けられていませんでした。過去には,シンポジウムの枠に入れようとするあまりに、「その他」と題されたシンポジウムが開催され、発表後の議論のまとまりを欠いたケースも見受けられました。こうした点を考慮し、今大会では、主としてポスター発表演題から事例に関連したものを選び出し、口頭発表の場を設けました。本セッションでは、1演題ごとの質疑を行って頂きます。セッション全体で、トラウマ領域臨床の現在が浮かび上がることを期待します。
  • ※口頭発表事例セッションは2018年6月10(日)に開催いたします。
  • ※ 発表機材、発表データの作成ならびに提出方法等の詳細は別途ご案内いたします。なお発表データについては事前提出の必要はありません(発表当日にご持参ください)。
  • ※発表時間等の詳細は別途ご案内いたします。
会期:2018年 6月9日(土)・10日(日) 会場:別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ

【大会事務局】

別府大学臨床心理相談室
〒874-8501
別府市北石垣82
TEL. 0977-66-9650
FAX. 0977-66-9007

【運営事務局】

(株)日本旅行 九州法人支店
Global MICEセンター内
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3-2-1-5F
TEL. 092-451-0606
FAX. 092-451-0550
E-mail. jstss17@nta.co.jp